FC2ブログ
“ シャーロック・ホームズ ” book review☆☆★
これまでに読んだホームズ本を、探偵ピーコック・ホールズ&友人ポン・H・ララミーが紹介します。
201304<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201306
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『シャーロック・ホームズ ガス燈に浮かぶその生涯』
W・S・ベアリング=グールド 著
小林 司・東山あかね 訳
1991 河出文庫

探偵シャーロック・ホームズの両親の時代から始まり、探偵の幼少期、ライヘンバッハの死闘の後の空白の三年間そしてサセックスで103才で死ぬまでを含めた全生涯を世界で初めて系統的にまとめあげたホームズファン必携の一冊。同時代のエッセンスを巧みに交え、バーナード・ショウやルイス・キャロル、ロンドンを恐怖に震わせた切り裂きジャックとの関係も盛り込まれていて読みごたえは十分だ。読んでいるうちに、シャーロック・ホームズがフィクションだということを忘れてしまった。ピーコック・ホールズはフィクションかそうでないかを論ずるのは無粋だと言う。「歴史の教科書だって、ある意味、壮大なフィクションさ。ぼくたちが実在してるかどうかだって、同じくらい曖昧だよ。」 と、バイオリンを手にとって背を向けた。月明かりに痩せたシルエットが浮かび上がる。細長い影が幻想的な旋律に揺れている。フィクションだろうとそうでなかろうと、今確かなことを見よ、である。今確かなことーそれは空腹だということ。ホールズは呆れ顔だったが、わたしは家主のパラソルさんに夜食を作ってもらうため、呼び鈴に手を延ばした。
スポンサーサイト
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。